上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィーナさんから。
第3期中盤戦にて同じ部隊のメンバーに送ったメッセージに対するレス。
こんな風に返事をいただけるとは思っていなかったので、いたく感動したw
こういう気の利く方がいてくれるからこそ戦っていけるというものである。


◆ねこにわから送ったメッセージ

◆雪慎さんからいただいたもの

◆クリスさんからいただいたもの

――刻碑暦998年8月下旬 マッカ連邦王国 西部

「俺から君たちに要求することは何もない。どんな状況であれ、俺なりの最善手は打たせてもらう。以上だ」

英雄の挨拶にしては簡素なものだった。しかしマッカとは因縁浅からぬ関係があるという噂を聞いたことある。
彼の胸中はいかばかりか。簡素な挨拶からは読み取れなかった。

この1年の従軍経験でわかった事がある。
いくら大軍を用意したとしても、結局は個人の力量に尽きるという事だ。
自分で覚悟を決めていなければとうてい生き残る事ができない。それが戦場というものだ。
鼓舞や激励が無かったという事は、それだけの覚悟が備わった精鋭が集められたという事か。
あるいはこれを信頼と解釈するのもいいだろう。
いずれにしても、最善を尽くすことが求められている。それが印象に残った。

それにしても。
大陸各地に存在する危険な封印を確認する旅の途中に、周囲の安全確保のため軍の力を借りたのがきっかけで、
それ以来なし崩し的にセフィド軍と連携するようになった挙句、決戦にまで駆り出されようとは。
封印を破ろうとする伝説の魔物と、地上で同族同士の戦闘を繰り返す人間と。どちらがより脅威なのかしら……
この問いに悩んでいるだけの時間が無い事はわかっている。いまは決戦に最善を尽くすしかない。

後はいつものように軽く祈りを済ませ、出立の準備を整えた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。