上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪慎さんから。
第3期中盤戦にて同じ部隊のメンバーに送ったメッセージに対するレス。
出だしが同じなだけに、その後の反応の違いが人物としての違いとして現れてとても面白い。
やっぱり、プレイヤーの数だけキャラクターは存在するのだなとシミジミ思う。


◆ねこにわから送ったメッセージ

◆フィーナさんからいただいたもの

◆クリスさんからいただいたもの

――刻碑暦998年8月下旬 マッカ連邦王国 西部

「俺から君たちに要求することは何もない。どんな状況であれ、俺なりの最善手は打たせてもらう。以上だ」

英雄とイメージされる者とはかけ離れたあまりにも簡潔すぎる挨拶であるため、思わず驚きを覚えるものの、不思議と不安は抱くことはなかった。
きっとその男のあまりにも堂々とした姿が、自分の胸の中に渦巻いていた不安を打ち消し去ってくれたのだろう。

そもそも私は実力としてはなぜこの戦いに参戦をできたのか不思議なほど平凡で、大事な戦いといえるこの戦いに呼ばれたことすら奇跡に近かった。
だからこそ私より優秀な傭兵達は山ほどいるのになぜ私はこの場にいるっとっという思いはここに来るまでずっと抱いていた。

しかし、その英雄のイメージとかけ離れた男の姿は、俺にとって英雄らしい者に挨拶されるほどよほど心地よかった。
次の瞬間、なぜこの場にいるなど考える前に、望みながらも参戦することが叶わなかった者達の無念に報わなければならない。そんな思いが滲みだしてくる。

俺は徐に目を伏せ、一息吸う。
ただこの戦いに自分のすべては駆けるために心を冷たく鋭く変えていく儀式と言えた。
そして、俺は戦場へ飛び出した。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。