上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3期中盤戦のときに、同じ部隊のメンバー宛に送ったメッセージ。の中の物語部分。
基本的になりきり系はあまり得意ではないので、せめて何かと思って何日か前からいろいろ悩みながら書いたもの。
それぞれ違ったレスポンスがあって、とても嬉しかった。
これこそ英雄になった甲斐もあったというものだ。

メッセージでの返事はなくても、手順を掲示板に載せていたのでそれを見て科白を設定してくれた方もいて、
また、同じ部隊のギルドメンバーとひとことでやりとりをしたりなど、
予想していた以上に充実した中盤戦を行うことが出来た。
中盤戦、英雄戦はいろいろと気を遣うものもあるのでひじょーに疲れるのだが、
こういうやりとりはだいじにしたいものである。

声をかけてくれた皆様は本当にどうもありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

◆フィーナさんからいただいたもの

◆雪慎さんからいただいたもの

◆クリスさんからいただいたもの

――刻碑暦998年8月下旬 マッカ連邦王国 西部

 大きな戦を前にして緊張が高まる中、陣地で待機するあなたたちの元にひとりの男がやってきた。
 あなたは彼を知っている。セフィドの精鋭であるこの部隊の指揮を任された男だ。
 セフィドの部隊には忠義に篤い騎士階級の者が少なくないが、指揮官として任命されたのはそういった者たちと対極にいるような存在、戦場を渡り歩く一介の傭兵だった。
 彼は一同から向けられる視線を特に気にした様子もなく、一通り見渡したあと口を開いた。

「俺から君たちに要求することは何もない。どんな状況であれ、俺なりの最善手は打たせてもらう。以上だ」

 挨拶、あるいは鼓舞や激励を期待していた者たちにとっては拍子抜けするほど簡素な内容だった。それだけ言うと、一同の沈黙を了解と受け取ったのかすぐさまきびすを返してその場を立ち去る。
 彼の言動をどう受け取るかは人それぞれだろうが、必要なこと以外は口にしない男だという評判は間違ってはいないようだった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。